穀雨

2019-04-20 (土) ~ 2019-04-30 (火)

二十節季四節季の一つ。清明(せいめい)のち15日目で、太陽の黄経が20度に達したときをいい、新暦では4月21日ごろにあたります。穀雨の意味は、百穀を潤し、芽を出させる雨ということで、このころとくに雨が多いというわけではないが、降れば菜種梅雨(なたねづゆ)ということもある。北国ではストーブをしまい、東日本では冬服を脱ぎ、西日本ではフジの花の咲き始める季節です。