お知らせ

2019/08/02

あるばむくらふと・イベントのご案内

chirashi0725_01.jpg

夏休み期間中のイベントのご案内です。

奈良県の女性手作り作家さんが集まっての「作品販売&ワークショップ」のイベントです。

当店も、「手作り御菓子」として応援させていだだきます!

「手作り作品の購入、または、ワークショップ」にご参加いただきますと、当店「手作り御菓子」を先着100名様にプレゼントさせていただきます。

是非!ご家族みなさんで、お越し下さいませ。お待ちしております。

 

***************************************

「あるばむくらふと」とは・・・・

お子様からお年寄りまで手作りを楽しんでもらいたい!
お金を出せば何でも手に入る時代に改めて手作りの楽しさを感じていただきたい!
そんな思いのある様々な「手作りアーティスト」が素敵な1枚(冊)のアルバムを作るように集合しました。
皆様に手作りの楽しさをお届けします。

***************************************

○開催日時:2019年8月22日 木曜日 10:00〜16:00

○開催場所:大和郡山市商工会議所

:奈良県大和郡山市北郡山町185-3 まいどほーる1F 展示ホール

○アクセス:電車・近鉄橿原線 近鉄郡山駅・徒歩10分

:バス・奈良交通 近鉄郡山駅バス停からイオンモール行きのバス 小川町バス停下車・徒歩1分

:駐車場完備 ナビに住所または、「大和郡山市商工会議所」で検索お願いします。

○厳しい暑さの毎日です「水分補給」を欠かさずに「熱中症」などにならないように気をつけましょう!

近隣にコンビニも、館内にも自動販売機はございます。

当日チラシをお持ちください!作品お買上げかワークショップ参加していただいた方、先着100名様に「御菓子司 新泉堂」より御菓子のプレゼントがあります♪

***************************************

2019/08/01

駐車場のご案内

8月1日より当店東側隣接・駐車場 [みずほ駐車場・B ]にお車を停めていただけます。 

酷暑の毎日です。どうぞお気をつけてお越しくださいませ。

2019/07/19

「あんこのともだち」新登場!!

白玉団子05.jpg

今日の台風の影響もあり、雨が降ったり止んだりの不安定なお天気・・・

夏のおやつにぴったりの「あんこのともだち」が登場しました。

大納言小豆に白玉団子と寒天!カップに仲良く入ってます。

暑い日には、少し冷やしてスプーンでお召し上がりください。

 

「3個入り➕金魚ポーチ」お持たせセットもあります!

 

白玉団子02.jpg

 

白玉団子01.jpg

 

2019/06/20

「今日のおやつ・・・」

daifuku.jpg

「今日のおやつ・・・」何を召し上がりましたか?


国産もち米100%のもち粉で求肥を作り、大納言小豆の漉餡を包みました。

求肥の大福です。

キメの細かい・・・もち粉、求肥もとってもなめらかに仕上がりました。

中餡もこしあんで、口溶けなめらかです🍵

 

 

是非!お試しくださいませ。

2019/06/16

6月16日は「和菓子の日」

dorayaki.jpg

「全国和菓子協会」より

西暦848年(承和15年・嘉祥元年)の夏、仁明天皇が御神託に基づいて、6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥」と改元したという古例にちなみます。

「嘉祥」とは文字通り「めでたいしるし」であり、鎌倉時代には、のちの後嵯峨天皇が東宮となられる前に、6月16日に通貨16枚で御供えの菓子などを求めて献じそれを吉例とし、皇位継承の後もこのことが続けられました。
その後、室町時代の『嘉祥の日』には、朝廷で主上に「かづう」(女房言葉・かつう、かずうともいう=「嘉祥の祝」の菓子のこと)を差し上げるのが吉例であったことが『御湯殿上日記』に記載されています。
また、慶長の頃、豊臣秀吉が「嘉祥の祝」を恒例として行っていたことが『武徳編年集成・四十四』に記載されています。江戸幕府においては、この日、大名、旗本など御目見得以上の諸士に大広間で菓子を賜り、これを「嘉祥頂戴」といい、菓子は白木の片木の上に青杉の葉を敷いてその上に積んであり、一人一個ずつ取らせたといわれます。
民間においても、「嘉祥喰」といって銭十六文で菓子や餅十六個を求め食べるしきたりがありました。
また、この夜に十六歳の袖止め(振り袖をやめて詰め袖にする)をする「嘉祥縫」という風習があったほか、6月16日に採った梅の実でつくった梅干しを旅立ちの日に食べると災難をのがれるという言い伝えがあり、「嘉祥の梅」といいました。

このように、「嘉祥の祝」は、疫を逃れ、健康招福を願うめでたい行事として歴史の中で受け継がれ、明治時代まで盛んに行われていました。この『嘉祥の日』を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。

******************************************************************

和菓子と言えば・・・今日もあんこを炊きます〜

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...